「プラバン」を切るときのハサミの正しい使い方

端の方がギザギザになってしまったり、ヒビが入ってしまう人はいませんか?
それ、ハサミの切れ味だけのせいじゃないかもしれません。

どんなに切れ味の良いハサミを使っていても、実は正しい使い方をしていないときれいには切れないのです。
ハサミなんて子どもの頃から使っているから、正しく使っていると思っているかもしれませんが
プラバンという素材を切るときには「こうやって切った方がきれいに切れる」という
ちょっとしたコツがあるのです。
それをいくつかご紹介していきましょう。

ハサミは傾けない、ハサミの位置を動かさない

カーブを切っていると、そのカーブに沿ってハサミを進め刃が自然と傾いていってしまうことがあります。

これが紙だったりすれば大きな問題もないのですが、プラバンのような硬い素材の場合
この切り方をすると、プラバンをハサミの刃に巻き込むようになってしまうために、切った部分がギザギザになってしまうのです。

ハサミを傾けて切ると、プラバンが巻き込まれるのでギザギザな切断面になる

ハサミの位置を動かすのではなく、プラバンを動かす

カーブを切っていくときに、ハサミは体に対して真っ直ぐにキープし、プラバンのほうを回しながら切っていきましょう。

ハサミを回しながら切るのではなく、プラバンを回しながら切る。ハサミの向きは常に体に対して垂直に。

こうすることで、プラバンを巻き込むことなくきれいに切ることができます。

ハサミを正しい向きで切った滑らかな切断面

刃先で切り終わらない

こんな風にプラバンにヒビが入ってしまったことありませんか?
これはハサミの先端、刃先で切るとこうなってしまうのです。

ハサミの刃先でパチンと切り終わるとこのようなひび割れの原因となる

ですので、ハサミの刃先でパチンと切り終わらないように気を付けるだけで、このヒビ割れは防ぐことができます。

ハサミの刃先を使って切り終わらない。ひび割れの原因となる。

V字になっているところの切り方

花びらと花びらの間などの深くV字になっている部分。
ここを無理やりハサミで切ろうとすると、プラバンが破れてしまったりして台無しです。
これにもちょっとしたコツがあります。

まず、V字の一辺を切る
プラバンをひっくり返して、もう一辺も同じように切る

写真のように、まずひとつの辺を切ったらプラバンを裏返し
もう片方の辺も切るようにします。
無理やりV字にハサミを進めていくのではなく、丁寧に裏返しながら切ることで
きれいな仕上がりとなるのです。

ぜひこれらの切り方のポイントを試してみてくださいね。

次の記事ではハサミではない切る道具
ナナアクヤの制作活動には欠かすことのできないカッティングマシンの
「スキャンカット 」のご紹介をいたします。

関連記事

ナナアクヤの使っているハサミ プラバンクラフトになくてはならない道具のひとつが「ハサミ」。 ナナアクヤが普段使っているのは「クラフトチョキ(アルスコーポレーション)」。 ワークショップでも皆さんその切れ味に驚いて、その後ネットで購[…]

この記事に関連している本はこちら

書籍画像いちばんくわしいナナアクヤのプラバン教室
NanaAkua 著/池田書店 刊 定価 本体1,300円
プラバンアクセサリー作りに必要なテクニックを網羅した、プラバン本の決定版!